読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人、物、場所(2)

人と人ならざるものの間に融けて、溶けて、解けて。
私は僕は俺はあたしはわたしは。
人で在りながら人でないからものを望んだ。

それはいつも其処に在った。
此処と其処の境界線など知らない。
ただいつも其処に在る。否定しようとも。

本当に?
本当に居てくれてる?
わからない。
ただ、其処に在ってと望んだだけなのかもしれない。
それでも、確かに在ったのだ。感じていたのだ。


私が悲しいとそれは哀しく微笑む。
私にはわからない言葉を、それでも一所懸命に投げ掛けてくる。

僕が嬉しいとそれは哀しむ。
楽しい僕はそれの言葉を受け取れなくなるからだ。

俺が怒りに苦しむとそれは見えなくなる。
きっと宥めようと背中に張り付いているのだろう。

あたしが泣くとそれは喜ぶ。
あたしがこれ以上苦しむことが無くなるからだ。

わたしが嘆くとそれは。
わからない。わたしはそれを感じたことがまだない。


それでも確かに在るのだ。
それはいつも無邪気に笑っている。
それはいつも楽しそうに、くるくると。
それはいつもこちらを気にしていて。

それに名前は無い。
名前を付けたらきっと、此処へ来てしまうから。
此処はとても苦しい。
だから其処で笑っていて。
其処で汚れなく。

 

それを閉じ込めたまま、僕らは生きる。
きっとこれからも。それからも。


https://3dai-yokai.tumblr.com/first