読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたたかな匣

気まぐれ

バスタブにお湯を張りながら、そのゆらゆらと揺れる水面を眺めていた。
湯気の立つ水に手のひらを浸せば、なるほど、温かい。
それからずっと、お湯が溢れるまでそうしていた。

ザアア……。
流石にまずいと湯を止める。
そのまま、服のまま。バスタブを跨いで、中へ。
ザアアア……!
先ほどよりも多く、長く、湯が流れていく。
ヒヨコでも浮かせておけばよかった。
1度張り付いた服が、今度は湯の中でひらひらと泳ぎ出す。
顔を湯に沈め、また出す。髪の毛が張り付く。ただそれだけの事がなんだか面白い。
張り付いた髪を後ろに撫でて流し、うんと伸びをする。
湯から出た肌が少し冷える。濡れた服が張り付く。
ああ、君を感じる。
でも触れてはいけないんだ。魔法が解けてしまうから。
バスタブから出て、服を脱ぐ。脱ぎにくい。
脱ぐ。脱ぐ。
それから脱いだ服を絞って、外の籠に放る。
生まれたままの姿というやつだ。
鏡の前でポーズをとってみた。なんだか間抜けだ。
髪を洗い、コンディショナーを塗り込む。手早く流してしまって、体も洗う。君を意識する。強く意識する。
君に触れられていると思えば、この体に触れる気味の悪い僕の手のことも考えずに済む。
湯を浴びる。
息が出来なくなればいい。溺れてしまいたい。
それでも。湯を止める。
壁を伝う泡を残したまま、それらを横目に風呂場から出る。
 
ふわふわとしたバスタオルで髪の水気を吸い取り、体の水分も吸わせていく。
タオルを肩に掛けて、もう1度お風呂場に戻る。
シャワーを掴み、捻る。泡を退治する。
君はもう居ない。ここには居ない。
お湯を止めてシャワーを転がす。
 
さあ、君の声を聴きに行こうか。