読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩、機関銃、蝋燭

お題のブツ。

暗闇の中、蝋燭の明かりを頼りに進む。
自分の足音以外の音はない。
私は人だったものを破壊する。その為にここへ来たのだ。


肩から下げた機関銃が重い。
借り物だ。大事に担ぎ直す。

見知った家の廊下を進む。
ドアを開ける、蝋燭で照らす。その繰り返し。
大きくない家だ。本当はどこにいるのかなんて、最初からわかっている。
わかっているから、同じ場所を何度も回っている。

 

喉が渇いてキッチンへ向かう。
床がザリザリと鳴る。塩だ。
ある時から、人は深く眠ると塩になった。
生きたまま、深く、深く眠るのだ。
生きたまま眠り続ける。だから…。

水道を捻るも、水は出ない。
この家が停止してから、随分と経っているらしい。

 

カラカラの口を無理矢理唾液で潤し、とうとう階段を上る。
2階の、突き当たり。
ドアを開けば、ベッドに腰掛け、本を読むあなただったもの。

「おまたせ」

そう呟けば、こちらを見てくれる気がした。
また笑ってくれる気がしていた。
名前を呼んで、ふざけあって、一緒に出掛けたり。また、いつもの日常に戻れる気がしていた。
でも。

君は笑っていた。
私が貸した本の一点を見たまま。
その視線は動かない。その口は動かない。その体は白い。

 

「ねえ。私、もう大人になっちゃったよ」

返事はない。

「本、いつまで借りてんのよ」

返事はない。

「今度映画見ようって言ってたじゃない。もうあの映画、終わっちゃったよ?」

返事はない。

「ねえ。何か、言ってよ……」

返事は、ない。

 

涙がとめどなく溢れて、上手く呼吸ができない。
どうせ誰も居ないのだ。声を上げて泣いた。
どうせもう、あなたは慰めてなどくれない。
そのことがまた悲しくて、また泣いた。

しばらく泣いて、涙は枯れないとわかった頃、終わらせようと立ち上がる。
ありがとうだとか、ごめんねだとか、色んな言葉が浮かんでは消えた。
最後に近付いて、白く固い唇にキスする。しょっぱい。
それから習ったとおりに機関銃を構える。

「おやすみ」

タタタッ。タタタタタッ。

引き金を引けば、軽くはない振動と共に彼が砕ける。
まだ次の人が待っている。
弾は無駄にせず、バラけたところで引き金を離す。

「本はあげる」

振り向かない。
流れ出る水分が勿体ないから。
後ろ手にドアを閉めて、家から出る。
家から出て、やっと振り返る。
この懐かしい家には、もう戻らない。
また緩みそうになる涙腺を、ぐっと締めて持ってきていた蝋燭を置いた。弔いの火だ。

そして歩き出す。


この国では人は深い眠りに落ちる。
愛しい人の夢を、残された者が終わらせるのだ。

 

https://3dai-yokai.tumblr.com/first